AI外観検査システム AIで目視検査の工数・精度を改善 360°検査で複雑なワークにも対応 省スペースかつお試しレンタル可能

このような課題で悩んでいませんか?

  • 01

    目視検査で大幅な社内
    リソースがかかっている

  • 02

    不良品の見逃しが発生
    してしまう

  • 03

    人員の確保が難しい

HACARUS Check
導入すれば解決できます

  • 検査工数を1/4に削減(部品メーカー様での例)

    ロボットとAIの組み合わせにより、これまで難しかった
    立体物の検査の自動化を実現

    検査人員はそのままに増産・ライン拡張にもスピーディに対応できます

  • 全方位から0.1mmの不具合まで検出

    目視検査や既存の外観検査装置では難しかった
    高精度の検査をAIで実現

    データの蓄積による継続的な精度向上や将来的な製造プロセスの改善にも貢献します

  • 導入日からベテラン検査員と同等の判定が可能

    熟練検査員の知見をAI化することで技術継承を実現

    新たな検査人員への教育コストが大きく低減し、人によって気付ける/気付けないといった属人化も解消できます

HACARUS Checkの強み

  • 「良品学習」なので不良品が少なくても対応可能

    通常、外観検査AIの導入には、良品・不良品の両方のデータが大量に必要となります。HACARUS Checkでは独自のAI技術により、不良品データを集める必要がなく、少量の良品データから高精度なAIの構築が可能です。AI導入に大量のデータが必要ないため、少量多品種や不良品が少ないといったケースにも柔軟に対応できます。

  • 異常があればヒートマップで可視化

    HACARUS Checkは、異常度と異常サイズの2つのパラメータを有しており、閾値によりNGを判定。良品との違い(異常度)が高ければヒートマップで赤く表示され、誰でも簡単に異常箇所を確認することが可能です。パラメータの調整に専門知識は必要なく、現場で簡単に調整できるのが特長です。

  • ロボットアーム一体型で可能になった360度検査

    HACARUS Checkはロボットアームにカメラと照明を組み合わせることで、複数の視点からの検査が可能です。ロボットアームを用いて360度どこからでも撮像をすることでこれまでは難しかった複雑で立体的なワークの裏面や側面なども検査することができます。たくさんの照明やカメラを購入する必要はありません。

HACARUS Checkについて

HACARUS Checkは「協働ロボット+照明付きカメラ+高性能AI」の
一体型ソリューションです。

01.ロボットアームでワークを撮像 02.AIで画像を解析 03.良品・不良品を判定

機能

360°検査
6軸ロボットアーム・点灯型リング照明・回転昇降台が連動し、さまざまな角度から撮像。従来の装置では複数台カメラが必要だった検査が1台のカメラで可能に。
高性能AI
ワーク画像からお客様ごとのAIを作成。HACARUS独自のAIエンジンにより少量多品種にも柔軟に対応。
手軽な設置
安全柵いらずで省スペース。AC100V電源で稼働し工場のレイアウト変更も簡単。

セット内容

ハードウェア
協働ロボット / カメラ / 照明 / 回転昇降台 / 非常停止ボタン付きエンクロージャ / PC
ソフトウェア
AI検査ソフトウェア

対象のワーク・不具合の例

各種立体物 / ダイカスト品 / プレス加工品 /
自動車部品 / 特徴的な素材の金属製品 など

不具合例

  • キズ
  • 凹み
  • 鋳巣
  • 塗装ムラ
  • 汚れ

他社製品・他技術と比べた場合の利点

  HACARUS Check 外観検査装置(MV/AOI機器、
ルールベース)
外観検査
ソフトウェア(AI含む)
人による目視
複数方向
からの検査
×
検査のバラつき
軽減・標準化
×
増産・ライン
拡張の対応
×
検査速度
漸進的な
性能向上
×

事例・導入実績

  • 旭工精株式会社
    検査内容

    アルミダイカストの表面検査

    課題
    • ・ワークの状態が変化すると過検出が増えてしまう
    • ・判定理由が不明のAIは導入できない
    • ・人手不足や検査員不足
    結果

    量産品に対する全数のAI外観検査が実現。検査員が6名必要だったところ、2名で済むように運用できました。また、ヒューマンエラーがなくなり、品質が均一化されました。他プロジェクトへの導入の検討や、搬送・搬出のロボットと連携させた完全自動化も検討しています。

  • 三菱電機株式会社
    MITSUBISHI ELECTRIC
    検査内容

    加工後の形状、断面状態等の加工品質検査

    課題
    • ・加工品質を人が目視で判定しているのでバラつきが出る
    • ・検査時間がかかる
    • ・通常のAIを作成しようとすると大量のデータが必要
    結果

    少ない教師データでも98%の検査精度を実現することが可能になりました。また、軽量なため既存の設備に組み込みやすいというHACARUSのAIの強みを生かし、加工機の組み込みにおいても、GPUを使わずAIの導入と運用が可能であることが示されました。

  • BMW Startup Garage
    BMW GROUP

    BMW Startup Garage でも
    外観検査AI
    ”HACARUS Check”が試験導入されました。

よくある質問

製品機能

タクトタイムはどれくらいですか?
ワークのサイズや不具合箇所の撮像頻度に応じて異なります。また、その他の条件としてハードウェア構成や撮像方法に依存しますので、ご要件の詳細については、ヒアリングの中で確認させていただきます。
検査精度はどれくらいですか?
アセスメントの段階で 80〜90% 程度の精度が出れば適用可能性があると判断いたします。PoC の段階ではお客様のご要件にあわせた精度目標を設定した上で、チューニングおよび評価をいたします。

導入・契約など

導入までにどれくらい時間がかかりますか?
試験運用の開始までに半年から1年程度が目安となります。
PoC、発注後のプロジェクトの進め方はどうなりますか?
初回のオンライン面談にて概要をご説明させていただきます。ヒアリングさせて頂き、PoC のご提案時に具体的にご説明いたします。
自社サンプルのワーク検査ができるか、試すことはできますか?
ワークの寸法・重量情報と共に、良品(5個以上、理想は10個)と不具合品のサンプルを弊社まで送付いただく必要がございます。ワークを固定するための治具費用が必要となる点についてはご了承ください。その後の検証では要件やワークに応じて追加で収集いたします。
サンプルの不具合箇所のマーキング(アノテーション)について
サンプルを送付いただく際、マジック書きやシール貼りではなく、予め撮った写真上でご指示ください。特にマジックは落とせない可能性があり、性能に影響が出る可能性があります。
自社のワークや工程にあわせた治具作成にも対応してもらえますか?
対応可能です。必要な場合は PoC 段階で設計・導入いたします。最短での治具作成は、約一ヶ月程度が目安となります。

その他

ソフトウェアのみの導入は可能ですか?
可能です。お気軽にご相談くださいませ。

検査工数/検査精度/属人化に課題があるなら
HACARUS Checkがおすすめです。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

必須項目をご入力の上、お問い合わせください。
後ほど担当者より改めてご連絡させていただきます。

会社概要

会社名
株式会社HACARUS
代表取締役
染田貴志
設立年
2014年
資本金
100,000,000円
所在地
京都本社
〒604-0835 京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル8階
東京オフィス
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1丁目9番10号 日本橋ライフサイエンスビルディング7